耐震診断における付加軸力係数αの参考

耐震診断において、

地震時付加軸力算出時の係数 α 
想定します。。。 

ナンダカ、
 詳しい根拠の分からないなりに
 業界的に使う値で見てはいるのですが、、、

 ※RC診断基準の方法では、
   過剰な軸力が生じてしまい、
   診断不可能になることもあって
   ナヤマシイところです。



●建築技術
  2014年11月号
    特集:すぐ役立つ耐震改修の実用知識

 


  内容:昨今までの耐震診断・補強は、校舎や庁舎などが対象であった。
      今後は幹線道路沿いや、駅前マンション、店舗、複合ビルなどが
      対象になり、構造図がない建物、アスベスト、鉄骨造など新たな
      問題が起きている。
      本特集では、構造設計者に求められる役割、耐震改修の法律関係、
      耐震診断に必要な基本知識、耐震改修で困ったときのQ&A、実例
      から学ぶ耐震改修の進め方、図面のない建物の耐震改修を取り
      上げる。
      本特集が耐震化率の向上と良好なストック社会の実現に貢献する
      ことを期待したい。



この雑誌の中に

「高層のとき、
 地震時の付加軸力(Ns=NL+αNE)の係数αは
 どの程度とするのが適切か」

という参考記事がありました。 


マァ、
耐震診断の判定で見ている程度の α

ある程度妥当なのかな・・・

というような事が
説明を読んでいて思われました。。。

参考までの備忘録的な記事でした。


      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       下階壁抜け柱の直交ブレース枠支持
       開放型耐震補強工法 SMIC工法
       第2種構造要素の意味
       あと施工アンカー・連続繊維補強設計・施工指針
       充腹形式SRC造の下階壁抜け柱のη


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 耐震診断 付加軸力 α 建築技術

コメントの投稿

Secret

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ