耐震補強≠現在の新築という認識も必要…

以前、

文科省の構造設計指針によれば、
学校のRC柱フープは、

「原則、
  スパイラルフープ又は溶接フープとする。」


このような記述がされているという記事を書いたのですが、

 (参考)
  過去記事:学校のRC柱における閉鎖型フープ
     URL:http://astructtk.blog111.fc2.com/blog-entry-218.html


このような決まり事は、

現在、
耐震診断・補強を行っている
RC校舎が建設されていた頃には
なかったのでは・・・と思っています。  

※マァ、昔の設計なのだから、
 致し方のない事ですよね。。。  



・・・という事で考えれば、

設計方法も
よりよいものにしてゆこうとする考え方が

今、

そして、

これからも

つづいてゆくのですから、、、



新耐震設計(S56年)が設定された
  レベル相当に近い目標で耐震補強された建物と
 現在・今後に新築される建物を比較して、
 同等レベルであるとは、
  必ずしも言い切れないハズ。」

このような認識で
設計がなされているものと思っております・・・  
 (ただ、補強設計の余裕度にも依るでしょうが)


だから、、、

あくまでも、
耐震補強設計とは、

旧耐震設計法によって生じうる問題点を改善し、
 ・地震被害で想定されているリスク回避
 ・人命に対する安全性の向上を図る

このような考え方に基づいた補強設計法。


※だって、  
 今更、RC柱の135°フックを
 全てハツリ出して
 現在、推奨されている
 スパイラルフープor溶接フープに
 変えるのだったら、
 もう、建て替えた方がよくなっちゃう気がしますよね。。。  


だから、

耐震補強 ≠ 現在の新築

コレを
構造設計者・耐震補強設計者ともに
忘れてはならない事ではないでしょうか。。。  

っと、思ったりしたので、

何を今更言ってるの・・・とも 思われるかもしれませんが、
少し記事に残してみました。



      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
    ・耐震診断
       RC診断2001の変更時は軸力更新に注意

 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

tag : 学校 耐震補強 新耐震 旧耐震 新築 RC造

コメントの投稿

Secret

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ