スパンクリート合成床版で小梁・支保工省略を図る


RCスラブの計画において、
床スラブは必要ですが、

よく用いられる在来工法では、
小梁が多く必要になったり、 スラブを厚くするなど・・・

そういうケースもあったりします。


その際に、
ボイドスラブや
ハーフPCa+場所打ちスラブ、
型枠デッキ・・・工法が
イロイロあるとは思いますが、

コンナ工法もあったりします。  



『スパンクリート合成床工法』


この工法は、
 ・日本スパンクリート協会

   (関東地区)株式会社スパンクリートコーポレーション
   (東北地区) 参照URL:http://www.spancretecorp.com/index.html

   (北海道地区)會澤高圧コンクリート株式会社
           参照URL:http://www.aizawa-group.co.jp/catalog_supancrete.html

   (関西地区)ツルガスパンクリート株式会社
          参照URL:http://www.tsuruga-span.co.jp/index.html

   (中国地区)株式会社 富士野
          参照URL:http://fujino.biz/span.htm

   (九州地区)株式会社SNC
          参照URL:http://www.snc-inc.co.jp/sel_span.html

各社によるところのものです。

概略としては、

空洞のあるプレストレストコンクリートパネル
 横架材として床スラブの型枠兼用し、
 その上に上端筋を配筋後
 場所打ちコンクリートで一体の合成床とする工法です。

・梁-梁区間の支保工を少なくすることが可能で、
 型枠デッキ類と比べて
 PC部材のため、
 支保工無しで可能なスパンが比較的大きくとれて
 上部コンクリート打設後も施工時の空間確保しやすく場合の多い工法。

梁の剛性には、
 メーカーに問い合わせたところでは、
 合成床の厚みで考慮が可能との事。
  (旧法38条認定による)

 よって、
 同程度の厚みで
 在来スラブの代替案としても考える事は
 可能と思われます。

長期的なクリープに対しては、
 床の長期たわみは弾性たわみの3.6倍程度との事。
 (カタログ参照。
  ただし、設計上は認定での設定値=5倍で考えるようです。)
 在来工法が16倍を考慮する事からみれば、
 同厚でのたわみに対しての軽減策も図れそうです。

コスト的には、
 型枠デッキや
 ハーフPCa版との合成床等より
 材料的にはUPする傾向にあり、
 これは、デメリットと捉えるかは、
 設計・施工上のメリットと勘案して難しい所でもあります。


しかし、
日経アーキテクチュア2013-09-10の記事等をみても

近年の施工における
 ・労務費高騰への対処
 ・支保工の削減
 ・・・などを見越して考えると、

採用を検討するケースも
十分にあるものではないかと思うのです。  


ただ、
惜しい所は、

これら協会の工法である為、
五社ほど扱ってはいるのですけれども、
運搬費関連などみて、
各地域ごとに選定メーカーが限られてくるところでしょうか。
 ※特に、公共建築・・・ ナカナカ採用に至らない事もあります 

 ただ、各社の実績等を見ていると
  公共でも実績はあるようですから...
  発注元が提案を受け入れるかどうか次第な所でしょう。  
   (だから、お役所(担当者?上層部?)によって受け入れるかは違います)

 ※中部地区あたりにも
  もう1社ぐらいあれば、運搬費的なコスト軽減にナラナイのかな?
  とも思うんですけれど、マァ、イロイロと事情もあるのでしょうね 


それでも、 現状では、
ハーフPCa版、
(これはPC構造では無い方)
鉄筋付きデッキ等の
発注・納入・流通等が厳しい所もあるようで、  

選択肢の一つとしては、
「アリ」かなっとも思うのですが。。。


このあたりになってくると、
設計・施工一貫で発注された方が、
トータル的な比較ができるような気もします。  
 ※現場での揚重機器や施工計画等も関連しそうですし・・・

というのは、
設計業務と工事発注が別々になっているモノを、

設計段階で細かく工法決定していても、
施工する段階で最適と思えるのかは、
工事時点でのメーカーの受注・生産状況や流通など、
経験的に見通すことは、
実際のところとして、
設計事務所では
難しい所ではないでしょうか。。。
 (設計事務所にいるモノが
   書く記事では無いかもしれませんが  、あえて・・・)

 今度、機会があれば、
  現場の方にも聞いてみようカナ。。。 



また、
ケースバイケースかもしれませんが、
検討依頼してからの
設計への回答がくるまでの時間は、
 案外、スパンクリートの方が早かったりもします。

構造屋は
あんまり、スラブの話だけで 待ってもイラレません。。。

設計工程のばして頂ければ別かもしれませんケレド。


日経アーキテクチュアを読んでいて、
ふと思い出したので、
記事として残してみました。


参考となりましたら・・・


      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
    ・RC構造
       RC方立壁の一参考例が検索ヒット!
       RC規準 2015 改定方針案をみつけたが…
       RC梁のあばら筋間隔・せいの1/2以下にも要注意
       RC基礎梁で柱脚固定とみなしていた剛性の目安
       コンクリートの単位水量測定

 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : スパンクリート 穴あきPC 省力化工法 スラブ 支保工

コメントの投稿

Secret

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ