RC規準 2015 改定方針案をみつけたが…

たまたま、
ネット検索していたときに、

RC規準関連で
下記サイトに行き着いた  


●名古屋工業大学 建築・デザイン工学科
  市之瀬研究室
    参照URL:http://kitten.ace.nitech.ac.jp/ichilab/ 
      ※市之瀬先生はRC規準2010改定に関わられているお方です。


 ここで、
  RC規準2015への私案
     URL:http://kitten.ace.nitech.ac.jp/ichilab/RC2015.pdf


この資料を少し見ていたのですが、
 (私案とされているので発刊されるのかは定かでないです)
   ※リンクさせていただきました(H25.03.17時点) 

改定方針案1にある
 構造を専門としない建築主事でも無理なく理解できるような,簡明な規準

  これを一般の方が見た場合、
   構造専門でない方が審査してるのって思わないだろうか…?

  という気もするが。。。 ^_^;
  (まったく知らないわけではないハズだと…)


それは、おいといて、
「簡明な規準」にして頂ければ、
有難いことだなあ~

・・・と、一実務者としては思う所です。  

付着・定着に関して
記載されていましたが、

RC規準(1999版)でガラっと変わった時に
現行法と根本的に変わってしまい、

なおかつ、
建築基準法関連で準じていた
RC規準(1991版)までの
曲げ付着応力度に対する検討用の許容付着応力度と
考え方が根本的に違っていた。

その為、
結局のところ、
1999版は指針的な扱いで、
実務レベルでは1991版で考えているようなところが
ほとんどかと思われます。


 ピアチェックで指摘されるんですケレド  ・・・

※基準、規準、指針の違いメモ
  結構、この違いを理解せずに
  間違って書かれているケースもあるようですので、
  再認識の為、追記しておきました。
  (日本語ってムツカシイ (>_<) )

  ・基準 … 物事を比較・判断するときの
        よりどころとなる標準のこと
        また、満たさねばならない一定の要件。
  ・規準 … コンパスと水準器。
        転じて,判断や行動の手本となる規範・規則。
  ・指針 … 物事を進めるうえでたよりとなるもの。
        参考となる基本的な方針。手引き。

  この違いがあるので、
  国土交通省関連では「基準」を用い、
   (建築基準法第1条に最低の基準を定め…とあります)
  建築学会などでは「規準」を用いるように
   (設計の手本となる規範でしょうか)
  使い分けてあるんだと思われます。
  (マギラワシイですが、意味合いが違うので、
    致しかたのない事なのでしょう。。。)


少し、
脱線してしまいましたが、


まだ、
2013年春に
1段目主筋のカットオフ実験を予定されているようで、
今後、変わってゆくのかなのでしょうが… 

できれば、
実務的に広まっている
1991版の曲げ付着検討法と
1999版の付着割裂強度による検討との

評価法の違いによる差異が
どの程度なのかによって、

曲げ降伏する部材に対しては
1991版の方法を用いるときには割増を行うような
簡便法も提案して頂ければウレシイ気がします。。。


ただ、
 評価手法が違うものを
 比較すること自体、
 ナンセンスとお叱りを受けそうですね。。。


 ※付着割裂の考え方には
   鉄筋のあき、かぶり厚さ等ファクターが多い事が
   検討が煩雑になる要因と思うので・・・

 ※重要なファクターな事も分かっては要るんですが、
   施工精度・誤差などは、どう判断するのか?
   鉄筋のあきを本当に均等に現場施工しているか?
   重ね継手を用いる場合や、圧接部分の影響は?
  ・・・等々、本当にコレだけシビアに見ていて良いの?
   という気もする時があったりもします。

 また、結構、
  電算結果だけ鵜呑みにして
  シビアな配筋設計していることも有るんではないでしょうか?
  (指摘しても、
    イケてるからって返答のある事…ありますよって  。。。)


ワタクシ、
市之瀬先生と親交がある訳でもないので、
個人的なブログ記事にしてしまいましたが、
 (大学の研究室はナンダカ、
   シキイの高い気がしまして…
   怒られそうだし  )

「簡明な規準」

期待してやまないところです。




      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       片持ちスラブ元端の必要厚さ
       RC方立壁の一参考例が検索ヒット!

 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

tag : RC規準 付着 基準 規準 指針

コメントの投稿

Secret

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ