1階下部の地震力算定用Kの扱いは?

基礎の設計を進めるときに
たまに迷う事  がありまして・・・
(熟練の方々には、ツマラナイ事なのでしょうが  )

1階下部の地震時重量に乗じる
 地震力算定用水平震度 K
って・・・


 K=0.1 


それとも、


 K=0.2 


 ※基礎なので、
   一次設計用地震力のオハナシです。



・・・そこで、
 確認したのが、


新耐震以後において、
 基礎関係の設計上、
 良く参考にする下記の書籍  


日本建築センター
『地震力に対する建築物の基礎の設計指針』

  ※どうでも良い事かもしれないけれど、
    ナンカ、この書籍名って、「…の」が続いているけれども、
    もう少しスッキリできなかったモノなのでしょうかネェ~
     (ワタシ…国語が苦手だけれど、文法的にはイイの?)
      「建築物の地震力に対する基礎構造設計指針」で
        ヨカッタのデワ・・・ 
        (マァ、公的機関監修の出版物なので、イイんでしょうね

・・・
コレに載っている
 設計例 その1等を参考にすると

基礎部分の水平力を求める際には
 1階下部と基礎の水平力の和として
 算定する事として、

地下室のないことから
 設計水平震度 K=0.1 で考えてある。

この方が、考えやすいし、
 計算も楽アルね  



・・・コレで解決と思いきや、

たまに、1階下部の地震時重量だけ
 上部構造の1階で用いた
  地震層せん断力係数 Ci
   (大抵、一般的に、1階Ci=0.2)
  それに準じて、K=0.2によって
   考えているケースもあったりする。
  (違う参考資料でしたが、チョッと思い出せません  )


・・・・・ 何が正解(というか妥当)  

そこで、
ツマルところ、

技術的な考え方も然る事ながら
現行法令を逸脱する訳にはイカナイというのが、
基本的な事になるので、 

建築基準法施行令
 第88条・第4項を
まず確認 

「建築物の地下部分の各部分に作用する地震力は、
 当該部分の固定荷重と積載荷重との和に・・・
 水平震度を乗じて計算しなければならない。」

 だから、
  地下室がないものとして、
  不利側とすれば、
  地下部分の水平震度は
   K≧0.1 でOK 


・・・となるのですが、
そもそも
建築基準法上の
「地下部分」の定義って?

どこに書いてある?


・・・パラパラッ    ・・・


っから~ん ・・・  
 (怒ってもショウガナイんですが  )

書いてなかった気がする。。。

 ※法律って書いている事を探すよりも、
  書いていない事を認識する方が難しいもの。
  (だって、探しても無いんだから・・・) 

ソンナコンナで、
 再び地下部分の水平震度算定式を確認していて

地盤面からの深さで求めるようになっている事を
思い出して、

そういう事で、
 地盤面より下にあるかどうかだったら  ・・・

1階下部って、柱の下半分とか言い出すと
 ドウ考えても地盤より上にあることになる。  

そうすれば、
 1階下部の地震力算出用水平震度は、
  K=0.2 が妥当・・・ カナッ  


でも、
それだと、
日本建築センターの計算例は
 新耐震以降に違法になる参考を販売していた 

イヤァ~・・・
天下の建築センターさんが
ソンナ事するはず無いのでは・・・?

ウンニャッ  

そもそも
よく考えたら、
 「当該部分の固定荷重と積載荷重…」

これを基礎に対して考えるんだったら、
 「基礎部分の固定荷重と積載荷重…」と

読み替えるべきだと考えれば、

普通の場合、
 1階下部の重量は基礎に含めるハズだから

それなら、
 K=0.1で構わないとナリマスネ 

そういう事かな ・・・



イヤ、
しかし、
たまに多雪区域で

「高基礎」

というものを計画するケースもあった気がする。

この時は、1階下部が基礎部分デスっていうのも
如何なものかとも思うし・・・
(確か、行政指導もあった気がする・・・ )


結局のところ、
行政指導の確認や
構造屋による適切な判断の必要な
グレーゾーンなのかも知れない。。。

 ※1階床レベルと地盤面との位置関係によって、
   ナヤマシイ時がありますよねぇ~ ・・・ 



・・・という事で、

 ケース バイ ケース 

これが、
結論でしょうか。。。


そもそも、
建築の設計事項を
 全て法文として決められるものジャ
 無いでしょうしネ  

※全て決めてしまっていたら、
  世の中ハコモノのみになっちゃいますから  ・・・





      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
    ・基礎・地盤
       既成杭間隔根拠の参考資料
       SS3への部分的な接地圧入力方法メモ

 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 基礎 地震力 1階下部重量 水平震度 0.1 0.2

コメントの投稿

Secret

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ