アンカーボルトの座金溶接時クリアランス

軽微なS造や
建物の一部に附帯するS造との取り合い、
また、公共建築でメーカー指定不可とされる等の場合、

今でも、
在来工法による露出柱脚工法を採用するケースもある。

その時に、
柱脚設計時にせん断力をアンカーボルトで負担させる事がある。

この際、
構造図で

『ベースプレートに座金溶接』

表記する訳であります。


しかしながら、
アンカーボルトの孔径というのは、
施工面の事もあり、

通常では、
 ボルト径+5mm

というクリアランスが認められており、
このままでは、
 アソビがあるためせん断伝達を考慮しがたいという事から
 「座金溶接」になる訳です。


そうなると、
この座金の孔径に対するクリアランスは
 ドコマデなら 許されるの  って...

現場で監理する場合に、当然、なりますよね。

・・・決まり事は・・・

探しても、案外見つからないものです。


というわけで、
その際の参考資料のメモ記事です。。。

●建築基準法施行令
  第68条 第4項
   「ボルト孔の径は、ボルト径より1mmを超えて大きくしてはならない。
    ただし、…(以下、略)」

●建築技術
  『建築構造問題快答集11』
    問86 引抜力とせん断力を受ける柱脚

  ココの
   答2) に

    「せん断力を伝達するボルト孔の
     ボルト径に対する余裕(クリアランス)は、
     …(中略)…アンカーボルト公称径より1.0mm大とすればよいでしょう。」

  このようにされている。 



また、一方で、

●公共建築協会
    『公共建築工事標準仕様書(建築工事編)平成22年版』
      7.3.8 ボルト孔

    ココの普通ボルトを参照すれば、
     ボルト公称軸径+0.5mm

    このようにされている。 


上記のような資料を参考にするとして、

設計する際には、
 中ボルトで1面せん断の設計をすることに着目し、
 同程度とみなすのならば、

 アンカーボルト公称軸径+0.5mm

このように考えるのが妥当であろうか  ...とも思うのですが、

マァ、どちらを優先するかは、
公共建築or民間物件の違い、施工レベルの度合い等、
諸条件から
設計者で判断になるトコロでしょうか。 





          ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                    m(_ _)m
             よければクリックお願いします ▼
              できれば、2箇所ほど (^_^;)
            人気ブログランキングへ



★同一カテゴリの最近の関連記事☆
    ・S造
       S造の母屋・胴縁等の鋼材厚
       アンカーボルトのJIS規格
       鉄骨梁貫通孔の補強工法メモ (1) (2) 

 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : S造 アンカーボルト 座金溶接 孔径 クリアランス

コメントの投稿

Secret

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ