施行令の偏心率は地震力用…

建築基準法施行令の中に
偏心率の定義が記載されていますが、

これは、
本来の意味として、

「地震力の作用に対する偏心率」

という事は、
構造屋さんの中では周知の事実  デス。

つまり、
法律上からいえば、
偏心を気にかけているのは
地震に対してダケなのです。


基本的に
偏心率算出のための重心というのは
鉛直荷重の重心として求めています。
ココに、
地震力(静的荷重に置き換えた値)が作用するという
 一種の仮定(カナ )によって
建物に対する
偏心の度合いを判断しようとする指標の一つに過ぎません。


ナンダカ、
書きたいことがまとめられずにいますが、

記事にしたいのは、
風圧力に対する偏心の度合いは
 違ってきます。  

・・・という事です。

マァ、
RCスラブで剛床仮定を考えていると
あまり風圧力が決定要因にならない
ケースの方が多いですから、
気にしないと思います。

鉄骨造の水平ブレース等で
一連計算の水平力分担を考えているケースでは
要注意となる時もあるのではないかと思います。

立面的に受風面が偏っていたりするとき等では、
風圧力の合力位置を考えると
・・・鉛直荷重の重心と一致しない時などもあるので...

※ただし、当然ながら、
 風圧力自体の評価は、
 受風面に対して考えるものです。
 それが
 風圧合力の作用位置ということになるので、
 何も考えていないというワケでは
  ナイのですけれどね 

 ・・・風重心とでも呼んだらよいのでしょうか?
  でも、ヘンな用語でしょうね。。。
   (重さの中心ジャないんですから。。。
  そもそも、
   地震力の作用位置の事を重心と
   法律上定義されているのが、
   マギラワシイ
   原因のような気もするのは、
   ...ワタシだけ
   (デモ、荷重の中心と思えば、オカシクナイのかも 
  いずれにしても、
   風重心なんていうのは、俗称でしょうね。


構造屋さんというのは、

こういった法規上以外の
実情にも配慮し、見据えたうえで

構造計画を立てております。

・・・という事が書きたかったのでした。 

あまり、
細かいことを気にし出したら、
世の中にアル、
4号建築物の実情が・・・
(これ以上、グレーっぽくなりそうなので、、、
           やめときましょう。。。)
ナンデモ、
理論武装できるわけではない世の中です。


(チョッと、うまく表現しきれなくて・・・


      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       なんと構造設計という業務の難しい事かな
       BIMなるものが普及し始めているらしいが…

 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 趣味・実用

tag : 偏心率 重心 地震力 風圧力

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ