S造1階のDs値に関する評価


鉄骨造(S造)の構造計算において、

耐震設計ルート3で検討する場合に
1階のDs値の評価に関しての
注意事項のメモ記事です。 


S造で設計する時でも

基礎梁は
鉄筋コンクリート造(RC造)となる為、

基礎梁塑性ヒンジの生じているケースでは、
その影響に配慮して
SS3で算出されるDs値の補正が
必要となる事があります。 

これは、
RC造とS造の
Ds値設定として、
基本的な塑性変形能力の違いがある事を前提に
決められている事に起因するようで、

 S造柱 or S造柱脚部に塑性ヒンジが生じている時
   → S造のDs値

 RC基礎梁塑性ヒンジが生じている時
   → RC造相当するDs値


参考となる主なHPとしては、
次の様なトコロなどがあります。 

大阪府
  住宅まちづくり部 建築指導室建築安全課 計画・指導グループ
   URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/kenshi_anzen/tekihannzireisyuu/index.html

 『「大阪府構造計算適合性判定 指摘事例集
  
 -よくある指摘事例とその解説-」に関すること』
   参考URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/attach/19521/00000000/20161026_jireisyu.pdf

  3.2.3 RC基礎梁に塑性ヒンジが発生するS造のDs値


●一般財団法人
 愛知県建築住宅センター
  URL:http://www.abhc.jp/jigyo/tekihan/03-1hanteinaiyouzireisyuu.html

 『構造計算適合性判定事例解説集』平成27年11月30日
   参考URL:http://www.abhc.jp/jigyo/tekihan/files/zireisyuu/zireisyuu_a-kaisetsu-15-1130.pdf

  5.6.3)鉄骨造の地中梁におけるヒンジとDs値


参考となりましたら...


      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       JFE鋼構造設計便覧 
       アングルブレースの有効断面積
       鋼管柱を試算する時は要注意!


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m


     
スポンサーサイト

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : S造 RC造 基礎梁 Ds値 塑性ヒンジ

クレーンの地震時重量


鉄骨造の工場について
構造計算を行う場合、

クレーンを考慮するケースがあります。 


次の書籍は少し古いですが、

    

   JSCA版 S建築構造の設計

この中で

「第3章 天井クレーン付き平屋工場設計例

  ココにある内容は、
  構造的に検討していく中で
   参考にはなります。 

その第3章内にある
「2.6 クレーン荷重の計算」において、

クレーンの
架構設計用荷重地震時には、

吊り荷の状態を

空荷

としています。 


その根拠としては、

     

   鋼構造設計規準―許容応力度設計法

鋼構造設計規準
「3.3(3) 地震荷重」において、

 クレーンの重量としては、
 特別の場合を除き
  吊り荷の重量を無視する事ができる
 ここで、特別な場合とは…

…この様にされている事に依ります。 

大抵は、
これに準じて考えるかと思います。


参考メモ記事でした。


      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       大阪府の乗用車専用車庫積載荷重
       屋根の積載荷重
       地震力算定用の建築物の高さ


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : S造 荷重 地震力 クレーン

RC雑壁が残る補強ブレース剛性


RC・SRC造建築物の
    耐震補強において、

鉄骨ブレース補強を設ける場合に、
既存RC造雑壁残存させる場合があります。 


その場合に、

既存RC雑壁
 RC柱にそで壁として取り付いたままであると、

柱剛性・重量としての影響が残っています。。。


この場所に
補強ブレース構面を設けた場合、
 等価剛性となるRC壁厚を持つ耐震壁に置換して
 モデル化の対応を行う事が多いデス。


ユニオンシステムさんの
Super Build/SS3RC診断2001で、
 評価する場合には、

SS3で等価壁厚で耐震壁となる入力で対応するケースが多いデスが、
等価壁厚による耐震壁を入力してしまうと、

既存RC雑壁の入力を同時にできない為、
自動計算では、
 既存RCそで壁等価壁厚によるRC耐震壁
 双方を考慮した剛性が扱えナイと思います。。。


この場合、
どのように剛性評価を対応するのかという問題もありますが、
その手法は、設計者次第だと思います。。。 


ここで、もし、
『Super Build/RC診断2001 Op.1を導入しているならば、

RC診断でブレース入力により耐力評価を行い、
SS3
 「剛度増大率(柱)」において
   RC柱の既存そで壁・等価壁剛性による補正率を入力し、
 「節点補正重量」で補強による増加重量を加算させるというのも

1つの評価手法として考えられるかと思います。 


既存壁の影響が大きそうな場合で、
形状指標 SD を
 Fesによる評価としているならば、
 有効な方法になるのかと思われます。 

参考となりましたら…



      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
    ・耐震診断
       SRC造・RC造混在でのQu(W)が表示されない
       屋体の耐震診断でゾーニング部F指標は…
       外付け耐震補強工法配置の原則


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m


     

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 耐震診断 鉄骨ブレース 等価壁 積載荷重 剛性 重量 RC造 SRC造 モデル化

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ