鉄骨柱の有効細長比について…

ふと、
見た問題なのですが、、、 

鉄骨造の建築物において、
限界耐力計算によって安全性が確かめられた場合
構造耐力上主要な部分である鋼材の
圧縮材の有効細長比は、
 にあっては200以下、
 以外にあっては250以下
とする規定は適用されない

○か×か… 

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

tag : S造 細長比 限界耐力計算

異形鉄筋の公称断面積の値

RC造やSRC造の建築物に関して
構造計算する場合には、

必ずでてくるものが、

「鉄筋の断面積」

コレになるかと思います。。。 

基本中の基本  といいますか、
ソレがなきゃ構造的に成立しないですね。。。 

今回は、それに関連した
チョッと、
再認識しておこうかと思った事のメモ記事です。 


近年で、

構造設計上でよく用いる鉄筋断面積といえば、、
異形鉄筋の公称断面積と思います。


RC規準を参照すると
断面積の一覧表が載っていますが、

2010年版のRC規準で
付表11.5を見ても1本分の断面積、周長しか記載されていません。。。
(旧版では10本分までの表になっていたのに…  )


・・・と思ったら、

RC配筋指針(2010)の方では、
 付録B1.鉄筋の断面積・周長および定尺表

ココで、記載されていました。 


タダ、、、

これらの表での
1本あたりに対する断面積を本数分で乗じる
実は、
ツジツマの合わない現象が発生する懸念があります。

ソレが、
何かと申しますと、

RC配筋指針(2010)
 付録B2.JIS G 3112 鉄筋コンクリート用棒鋼-2010
  7.2.2 表4

コチラに定義されている
公称断面積の値を見ると
ご理解頂けるトコロだと思います。 


一つの例としてみると、

JISで規定している
D13の公称断面積は、
 1.267 cm2/本 (=126.7 mm2/本)

これに対する
RC規準(2010)や
RC配筋指針(2010)付録B1で記載
されている値が

 127 mm^2/本

このように
四捨五入されているので、
実際には誤差
があります。。。

コレが、
10-D13で比較すると、

 JIS  … 126.7x10=1267 mm2/本
 RC規準表… 127x10=
1270 mm2/本

本数が増えるほどに誤差が開いてゆきます。。。 
  旧版のRC規準にある一覧表では、
   10本分の誤差は生じていなかったハズです。


JISでの値自体が
公称直径から決めているものですから、
曖昧なところもありますが、

一応、
規格値であり、

これをベースに考えると
RC規準の表では
多めに断面積を見てしまっているケースも
あり得る
という事です。。。  

マァ、
その程度で
変更になるような設計をする事自体が

ナンセンスな事ですから、、、

問題となるような話ではないと
思っていますけれども・・・


この業界の方なら
昔から知っているのでしょうけども  、、、ね 



〔参考書籍〕

 RC規準

  鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説〈2010〉
    


 RC配筋指針

  鉄筋コンクリート造配筋指針・同解説〈2010〉
    





      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
    ・RC構造
       RC梁の曲げ終局強度に対するスラブ筋の影響
       RC造部材終局強度算定時の材料強度
       RC造モデル化の耐震壁判定式


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m

テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : RC造 鉄筋 断面積

静岡県地震地域係数Zsが条例化


先日、
届いた雑誌に関する事です。 


●日経アーキテクチュア No.1093
  2017年4月13日号

 『追跡 熊本大地震
   耐震性能を「見える化」せよ』



この記事の中で、

『動き出した官の取り組み
  「地域係数 1.2」を義務化


ココを読んでいて、

そういえば、
以前に
静岡県に関連する構造設計では、

静岡県公式ホームページ
  URL:https://www.pref.shizuoka.jp/index.html

 静岡県建築構造設計指針・同解説
   参考URL:https://www.pref.shizuoka.jp/kenmin/km-320/kensasitu/kenchikukouzousekkeisisin.html

ココにある指針を参考にして
 設計していたかと思います。 

元々、
東海地震発生の危険性が指摘されて以降、

静岡県の構造設計

他の都道府県に比べても
 カナリ、
 キビシかった記憶があります。。。 


確か、
阪神大震災以後には、

耐震診断・補強関係に対する
評価をする方法を考えている時にも

静岡県から
兵庫県の方へのご指導も受けていた様な話も
チラホラ
聞いていた記憶もあります...


しかしながら、
そのような地域であっても

民間の確認機関による
建築確認申請業務が増えてくると

静岡県地震地域係数
 Zs=1.2


この適用率
 91.1%まで低下してきているらしい。。。 

結局のところ、
指針で規定しているだけでは、
法的な強制力がない事から

Zs適用を要請する
行政指導に
従わない建築主
が増えている 

この事に
 要因があるようですね。。。 


近年、
阪神大震災以降、
熊本大地震までの間に

頻発する多くの地震を経験しているにも
関わらず、

喉元過ぎれば熱さを忘れる
  参考URL:http://kotowaza-allguide.com/no/nodomotosugireba.html

といいますか、

対岸の火事
  参考URL:http://kotowaza-allguide.com/ta/taigannokaji.html

この様に思っているのか、、、 


東海地震も
危険性の指摘以降
ナカナカ発生しないので、

トータル的な
イニシャルコスト、ランニングコストを考えないで、
僅かばかりのコスト重視に目が向いて、
危機感が薄れてきているのでしょうか 


いずれにしても、

条例2月県議会で改正
Zs義務化3月24日公布
10月1日施行

こういう予定になっているとの事です。 


賛否両論あるのでしょうが、

結局のトコロ、
法的強制力が行使されない限り

震災に対しての安全性を考えられないとは、
チョッと
悲しい話カナって

・・・思ったりもしました。 




      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
    ・構造計算
       ペントハウス階
       骨組理論における仮定
       質点、剛体の定義


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m



テーマ : 実用・役に立つ話
ジャンル : 学問・文化・芸術

tag : 地震地域係数 静岡県 構造設計 指針

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ