納まらない設計図…


チョッとした事があったりもして、
次のサイトの記事を読んでみました。

施工の神様
  URL:https://sekokan-navi.jp/magazine/

   

『「現場で客扱い」される設計事務所に疑問。
     納まらない図面と施工管理者の努力』

   参考URL:https://sekokan-navi.jp/magazine/11811


ココのサイトは、
基本的に
現場の施工者が
様々なご意見を提示されている所ですが、

ある意味では、
設計者サイドも認識しておくべき
ご助言が多数ある
かと思って
メモ記事としておくことにしました。 

最初の
1ページ目で

 ”納まっていない図面を平気で描き
  「それを何とかするのが施工者の仕事だろう!」と
   平然と言う設計事務所の人間のなんと多い事か!”



 ”しかし施工者側も昔は
  「何とか納める提案のできる」施工図担当者がよくいたものだ。
   残念ながら、
   今はそんな施工図担当者が本当に少なくなってしまった。”



こう記されています。


構造設計を行っている時点においても、
コレに関しては、ソウだと感じている。 

RC造・S造等で、
部材の納まりが困難になると思って、
 スケッチ等をサラサラッと描いて
 意匠的な変更を要望したりもするのだが・・・ 

ひと昔(もっと昔?)前なら
ある程度の理解を示してくれている
 意匠屋さんも多かった気がします。。。 

 ある意味、
 昔は設計・積算段階で
  詰めの全体調整がなされていた
  設計であったと思います。 
  (ヒューマンエラーはあるとしても…  )


・・・トコロが、
最近では、
 要望をだした所で、
 最終的に出来上がった設計図書を
 頂いてみると、

結局なにも反映されていない事が
 多々見受けられます。。。 


マァ、
恐らくですが、

CADやパソコンツール、
確認申請などの法的規制の多さなどに
掛け持ち設計業務も相まってくるので
 結局のトコロは
 調整しきれていない様子です。。。 


その結果、
 構造図の躯体と
 意匠図の取り合いが
  納まらなくなっている事もある様ですね。。。

 ※非道い時には、
   ツジツマの合わない意匠図に
    アワセロって言われるケースもあったり… 
    (理不尽なオハナシですが、
     積算までヤッチャッてしまっているのでしょうね。。。)
    ヤレヤレ 


イロンナ道具は、
便利で早くなったんだケレド、

ソレを
 使う設計者の対応するスピードが
 追いつけなくなってきているのでは
  ナイでしょうか 

合わせて、
 省力化された時間と
 設計業務量の増加のバランスが
  悪いのではナイでしょうか 


世の中では、
「働き方改革」
  参考URL:http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000148322.html

ナンテ、
もっともらしい事が
ウタワレテいるけれども、

設計技術者レベルの低下問題との兼ね合いは
・・・如何なものなのだろう。。。 


自分も
最初の頃は、
地方の某ゼネコン設計部から独立された方々が
設立された設計事務所にいたので、
 現場納まりにを考えながら
 構造図を描く方が多く、
 チェック体制も
  若手に対して厳しめだった。 
 (…気がします。今から思えばですケレド...)
 

しかし、
数回、事務所を変わるたびに
 レベル的にドウナンだろう…と思いながらも、
会社的な
バランスをとって合わせている時もある気もします。 

世の中って、
 ムズカシイところデス。。。 


ネット検索していた時に
見つけたサイトに関して思った事を
 つれづれっと書いてみました。




      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       記述のナイ事ほど探しにくい…
       概算設計で良いので…はワカラン  
       都合の良い事しか聞かない人もいる
       耐震補強と地震地域係数について思う


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m


     
スポンサーサイト

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

tag : RC造 S造 図面 納まり

耐震補強と地震地域係数について思う


日経アーキテクチュア
 2018年5月10日号


この中にあった記事の内で、

フォーカス[建築]の1つに
 秋田県の耐震補強を行った建物に
 関するものがありました。 

more Focus として、
 構造耐震判定指標 Iso を
  一般的な耐震判定基本指標 Es=0.6
  地域指標 Z=0.9(秋田県の地域係数)

 Iso=0.6×0.9
    =
0.54


 この値を満たす様にしている。


この建物に対する
耐震補強の目標値として、
 建築基準法の
  地震地域係数 Z を考慮されていたワケですが・・・ 


近年の状況として、
地震の頻度が多くなってきている情勢において、

過去の
地震頻度や加速度を文献などから推測した
 河角マップがベースになっている
地震地域係数 Z を考慮するのは、
如何なものなのだろうか・・・ 

 ※地震地域係数に生い立ちに関しては、
  次のサイトに掲載されているコラムが参考となります。

   株式会社 ストラクチャー
     URL:http://www.structure.jp/

    2016.04 コラム
     「地域係数の謎 ( 再掲 )」
       参考URL:http://www.structure.jp/columns/column13.html

 ※過去記事(2016.11.20)でも参照
  「地震地域係数について思ふ」
    参考URL:http://astructtk.blog111.fc2.com/blog-entry-365.html


マァ、
元々の
設計用地震力に関する想定も
アイマイなトコロもあったりする
ので、

それに付随する
 係数の捉え方に関しても、

一概には論じ難い側面もあるところでしょう。。。 

私の場合、
普段、Z=1.0で設計している事が多いから
気になるダケかも知れないですが、

静岡県のように
逆に
地域係数を割り増すトコロもあったりする
ので、
ドウナンでしょうね。。。 
  
 過去記事(2017.04.23)参照
  「静岡県地震地域係数Zsが条例化」
    参考URL:http://astructtk.blog111.fc2.com/blog-entry-390.html


ココ数年での
震災被害も多くなるで、
 地域係数によって
 目標とする耐震判定指標を小さめの評価としてでも、

 耐震補強を
  補強箇所を少なめにして予算確保を考慮した上での
  実施する方法・・・ 

コウいう手法も
 違法でもないし、

・・・ある意味、
  耐震化促進と捉えるならば
  アリ…なのかも知れないですね。 


ソレならば、
例えばの話としてですが、
 耐震化促進用の目標低減係数なんていうモノでも作って

 各行政で
 耐震補強に関する補助にも

  Iso=0.6・Z・G・U以上の条件を
  Z=1.0で確保
したなら
   耐震補強に関する補助金は全額100%

  目標値を低減したなら
   耐震補強の補助金も
   低減に即して支給率を設定。。。

こうすれば、
多少の、
 被害軽減を目的とした
 耐震補強のランク付けみたいな
 設計・工事が可能になってきて、
  予算次第での
  発注者向けの選択肢も
   増えてくるのではナイものだろうか。。。

ふと、
 ソンナきもしました。。。

デモ、、、

マァ、
 耐震補強の評価は受けにくいのが、
 ネックとなるのでしょうケレド...ネッ




      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       記述のナイ事ほど探しにくい…
       概算設計で良いので…はワカラン  
       都合の良い事しか聞かない人もいる


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m


     

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

tag : 地震 地域係数 構造耐震判定指標 構造耐震指標

都合の良い事しか聞かない人もいる

実務的に
様々な構造的見解の話をしていると、


法的には明確では無いが、
 ・力学的な観点
 ・材料的な要素
 ・施工に関する配慮
    ・
     ・
    ・
     ・
    ・
     ・
     ・
     ・

様々な観点からみて、
設計上の妥当なトコロは、どれだろう・・・ 

ソンナ内容の話で
意見を求められる時もあります。


そのときにですが、
タマァ~に
妥当性に欠ける話の相談をされてくる方が
いたりします。。。 

マァ、
極論すれば、
 検討NGだけども、
  全体的にみればイイかな・・・ 

・・・みたいな事だったりしますが、、、 


ソンナ相談をされても、
普通に考えてNGはダメでしょ  って

答えに当然なるわけです。。。 


ただ、
こういう事を聞いてこられる方って、
ナントカOK出してほしい訳であって、

 
 
・・・

言いながら、
 イロイロと(言い訳)話していて、

NGにならない様な配慮をしておけば、
 やむを得ないのでは…。。。 


コンナ話がどこかで出てきたら
「ソウですよねェ~
  分かりました。。。 」


それで、決着する事があります。。。  ヤレヤレ...


ナンダイ 
 結局、答えは決まってるんジャン 

・・・ナンダカ、
 無駄な時間を過ごした気がする。。。 


ソンナ風に感じる時もあります。。。

 (考えが決まっているなら相談しなくてイイじゃん  )


・・・後日、
 どうしたのかと思いきや、
  特に配慮がなされている様子でも無い様な…

 どこかの時点で手戻りするのでは、、、と思いつつも、
  どうせ聞いていないので、シバラク静観する事にしておいた。。。 

時には、
人の意見を聞く事も大事 

…かと思いますデス。
 (自分でも気を付けておかなければ…)


      ▼ 記事を読んで頂いてアリガトウ
                m(_ _)m
         よければクリックお願いします ▼
          できれば、2箇所ほど (^_^;)
        人気ブログランキングへ


 ★同一カテゴリの最近の関連記事☆
       記述のナイ事ほど探しにくい…
       概算設計で良いので…はワカラン  


 ★サイトマップへはコチラから☆  クリック m(_ _)m


     

テーマ : 思うこと
ジャンル : その他

スポンサーサイト

送料無料でご自宅まで集荷いたします。ネットオフの宅配買取 本&DVD買取コース!
プロフィール

たぁ~ぼ~

Author:たぁ~ぼ~
ブログの管理人です。
毎日コツコツ建築構造設計しています。
心に移りゆく事を気ままに日記的につづってゆきます。

アクセスカウンター
このブログ一緒にみてる人数
現在の閲覧者数:
更新履歴


総記事数:
ニュース
月別アーカイブ
カテゴリーめにゅ~
サイトまっぷ▼有
スポンサーリンク
お天気は?
チョッとゲームでも。。。
気分転換に!
Flashリバーシ ♪~♪
気分転換 その2!
ブログランク状況
現在のランク
デジタル時計
お日柄チェッカー
熨斗と水引
Twitter
ブログランキング
参加中  ▼

FC2Blog Ranking

人気ブログランキングへ

おきてがみ

ご訪問ありがとうございます!
検索フォーム
★参考HPリンク集☆
最新コメント
最新トラックバック
おすすめサイト

┗ 沈下修正おまかせ!!
アフィリエイト・SEO対策 Vector 間取りデータを100プラン公開!! e-houseの「間取り」
『オートデスクストア』
Amazonストア
Amazonストア
7ネットショッピング
リンクです(^o^)丿
UNIQLOCK
ブログパ~ツ